スーパーNIPTは通常の検査と何が違うのか調査してみた!

うさこ

スーパーNIPTって通常の検査と何が違うの?

ひろみ

精度が高い第3世代NIPTについて説明します!

スーパーNIPTでは元来のNIPTと比較して、より高い技術と設備で精度の優れた検査を提供しています。

世界的にも優れたこのスーパーNIPTですが、対応可能な施設は日本ではミネルバクリニックのみです。

ミネルバクリニックはオンライン診療も実施しているので、全国どこからでもスーパーNIPTを受けることができますよ。

目次

スーパーNIPTとは?

今までのNIPT検査でも十分に精度が高いとされていましたが、スーパーNIPTはさらに精度が高い第3世代NIPTです。

このスーパーNIPTは世界特許の技術を使用し、設備投資と高い技術力を必要とした検査になります。

また、独自の特許を使用しており検査方法自体も元来のNIPT検査とは異なります。

スーパーNIPTと通常のNIPTの違い

先程、NIPTとスーパーNITPでは検査が異なるとお話しました。

ここではその違いについて3つにポイントを分けて説明します。

①:母子のDNAを区別して測定

通常のNIPT検査はWGS法(全ゲノム配列決定)を適応しています。

しかしこのWGS法では母子のDNAを区別して測定することができません。

そのためお母さんが染色体異常を保有していた場合、胎児の染色体異常検査で陽性と出てしまうリスクがありました。これが偽陽性のリスクです。

スーパーNIPTでは独自の技術を用いることで、胎児と母体をより正確に区別した検査をすることが可能となりました。

これにより胎児の偽陽性のリスクを格段に下げることに成功しました。

②:高い精度

NIPTの検査自体が高い精度を誇っているとされていました。

しかし、こちらのスーパーNIPTではそのさらに上をいく精度を誇っています。

それが偽陰性ゼロ。陽性的中率100%という数値です。

スーパーNIPTでもNIPT検査同様に基本検査(※1)や微小欠失検査(※2)があります。

こちらの2つの検査に置いて、スーパーNIPTでは偽陰性がゼロ。

つまり検査結果で病気ではないと診断されたが「本当は病気だった」という状況がゼロということを示しています。

また、陽性的中率というのは病気であると診断された人の中で実際に本当に病気だったという人の割合を示します。

スーパーNIPTではこの陽性的中率が100%を誇っています。

これはつまり、病気の見逃しが0ということになります。

※1ダウン症、エドワーズ症候群、パトウ症候群のリスクを調べる検査
※2染色体の一部か欠けているかどうか調べる検査

③:妊娠9週から検査可能

本来のNIPT検査では妊娠10週で採血を行い検査することが可能となっています。

一方スーパーNIPTでは1週早い9週から検査が可能とされています。

妊娠9週といえば心拍の確認が出来なかったり前回より成長していないなどトラブルも見つかりやすい時期です。

また、妊娠9週目では重要な臓器の構造が出来上がり臓器の機能が発達する時期となります。

染色体異常のリスクを考えている親御さんであれば一日でも早く検査をしたいと思う人もいると思います。

そんな状況で9週から検査が受けれることは嬉しいことだと思います。

また、検査がさらに精度の高いものであればより信頼を持って検査に望むことが出来ます。

スーパーNIPTが受けられるのは日本ではミネルバクリニックだけ

このスーパーNIPTに対応しているのが日本では唯一、ミネルバクリニックです。

もともとこのミネルバクリニックでは遺伝子に関する診療に力を入れており、このスーパーNIPTに関しても同様のことが言えます。

ミネルバクリニックでは世界中の国際認証を受けた検査機関の中でも唯一無二の遺伝子検査体制を構築しています。

また、欧州で行われているNIPTの臨床試験に日本から共同参加するという実績もあります。

また、ミネルバクリニックの良い点は実績だけではありません。

臨床遺伝専門医を在住し無料でカウンセリングを実施しています。24時間の電話対応などもしており精神的フォローも徹底しています。

追跡調査もしていることから検査したら後は終わり。というわけではなく継続したフォローを受けることができます。

スーパーNIPTについてまとめ

スーパーNIPTでは元来のNIPTと比較して、より高い技術と設備で精度の優れた検査を提供しています。

さらに通常のNIPT検査より1週早く検査を行うことが可能となっています。

世界的にも優れたこのスーパーNIPTですが、対応可能な施設は日本ではミネルバクリニックのみです。

より正確に染色体の検査を希望するという人には、スーパーNIPTがおすすめの検査となっています。

目次
閉じる