昭和大学病院のNIPTの口コミ評判|費用や予約の方法は?

うさこ

昭和大学病院のNIPTの口コミを教えて

りっこ

大学病院なので何かあった時でも安心だね!

昭和大学病院は、NIPTを受けられる認可施設です。

産婦人科なので、妊娠中から出産まで安心して通うことができます。

昭和大学病院で分娩を予約されている妊婦さんに対しては院内専用枠も用意されているのでおすすめです!

  1. 平石クリニック
    満足度95%超の人気施設
  2. ミネルバクリニック
    精度の高いスーパーNIPT
  3. ラジュボークリニック
    業界最安値8.8万円~
年齢制限
なしで
検査OK
目次

昭和大学病院のNIPTの総合評価

昭和大学病院の総合評価は次のとおりです!

評価項目星評価
検査精度
料金
検査条件
総合評価

東京の施設を比較したい人は、【NIPT】東京おすすめ比較|新型出生前診断はどこで受ける?をチェックしてみてくださいね♪

昭和大学病院について詳しく見ていきましょう!

①:有名な国立病院のため安心

昭和大学病院は、東京都品川区にある医療機関で、昭和大学が設置している附属病院のひとつです。

NIPTの検査は、非認可施設などでは美容皮膚科が行っているところも多いですが、昭和大学病院は有名な国立病院であり、日本医学会の認定を受けている認可施設となっています。

万が一のことがあったときでも、安心してアフターフォローを受けられます。

また、NIPTの検査を検討している場合には検査前に遺伝カウンセリングを受けてから実施することになります。

カウンセリングもしっかりしてくれるので妊婦さんも安心して検査を受けることができます。

りっこ

出産した場合には小児科もあるので、安心ですね!!

②:妊娠9週0日から検査を受けられる

NIPTの検査というのはだいたい10週から受けられるところが多いですが、昭和大学病院では妊娠9週0日から受けることができます。

妊娠初期の1週間というのはかなり長いので、1週でも早く受けられるというのは嬉しいですよね!

昭和大学病院では、NIPTの受検時期については妊娠9週0日~16週6日を推奨しています。

妊娠9週目以降であれば採血の精度に違いがないようです。

りっこ

NIPTを受けるつもりなら少しでも早く受けられるのはいいね!

③:検査費用が高め

昭和大学病院のNIPTの検査費用は、初診料、遺伝カウンセリング料、検査費用で税込約160,000円となっています。

非認可施設だともう少し安く受けられるところも多いので、費用としては少しお高めであると言えますね。

しかし、遺伝カウンセリング料も込みで、大学病院で受けられるという安心感で高くても受けるという人も多いです。

遺伝カウンセリング料は、所要時間によって変わるので人それぞれ費用は変わってきます。

遺伝カウンセリングを受けた後にNIPTをもし受けないとなった場合でも、初診料や遺伝カウンセリング料は必要ですので注意しましょう。

りっこ

業界最安値はラジュボークリニックの88,000円!

④:性別の判定はない

昭和大学病院でNIPTを受ける場合には、性染色体の性別判定は受けることができません。

昭和大学病院だけでなく、日本医学会が認可している医療機関でNIPTを受ける場合には性別情報は開示されないようになっています。

性別が知りたいという場合には非認可施設でNIPTを受けることをおすすめします。

りっこ

ラジュボークリニックなら性染色体検査も合わせて132,000円!

昭和大学病院の総合評価

昭和大学病院は大きな大学病院ですので、検査体制やアフターフォローなどもしっかりしていて安心です。

費用面としては少し高めですが、NIPTの検査の前に遺伝カウンセリングを受けることができます。

ただし、性別の判定をしたい方は、性別の判定が可能な非認可施設で受けなければ性別を知ることができませんので注意しましょう!

昭和大学病院の費用は?

昭和大学病院のNIPTの費用は次のとおりです。

検査項目税込金額
基本検査
(13,18,21トリソミー)
16万円前後

昭和大学病院の検査費用は、合計16万円程度かかります。

初診料は自費となっており、その他に遺伝カウンセリング料と検査実費料がかかります。

遺伝カウンセリング料は所要時間により変動します。

また、NIPTの結果を聞く際にも再診料がかかります。

遺伝カウンセリングの再診料は3,000円~となっています。

昭和大学病院の結果はいつ分かる?

昭和大学病院の検査結果は、1~2週間で分かります。

NIPTの採血をした日に、検査結果を聞く日程を予約していくことになります。

予約をとれる日が限られているので、日程には余裕を持っていくことをおすすめします。

昭和大学病院のアクセス

昭和大学病院のアクセスは次のとおりです。

住所アクセス
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8 旗の台駅東口より徒歩約5分

昭和大学病院の予約方法

昭和大学病院の予約方法は、妊婦自身と妊婦検診を担当の先生で異なります。

妊婦さん自身

昭和大学病院でNIPTの予約を取る場合は、まず妊婦さん自身で、専用WEB予約サイトにアクセスして日程を予約しましょう。

妊婦健診を担当の先生

妊婦さん自身で日程の予約をしたら、次に妊婦健診を担当している先生に 「 診療情報提供書(WEB予約済み・NIPT外来受診用) 」を記入してもらう必要があります。

妊婦さんがとった予約日時を記入する必要があります。

妊婦健診を担当している病院からの紹介状などのFAX連絡などは不要です。

昭和大学病院をおすすめする人

昭和大学病院をおすすめする人としない人をチェックしておきましょう!

昭和大学病院をおすすめする人

  • 国立病院で安心して検査を受けたい人
  • 検査を受ける前に遺伝カウンセリングを受けたい人
  • 妊娠中から出産までしっかりフォローしてもらいたい人

昭和大学病院は大学病院ですので、色々な科があります。

妊娠中から出産、小児科までしっかりとフォローしてもらいたいという方にはおすすめです。

また、検査を受ける前にしっかりと遺伝カウンセリングを受けたいという方は専門知識の高い昭和大学病院でNIPTを受ければ安心ですね。

昭和大学病院をおすすめしない人

  • 費用を安く抑えたい人
  • 性別が知りたい人
  • 検査結果を早く知りたい人

昭和大学病院は、初診料、遺伝カウンセリング料、検査料などから再診料まで費用が高めになってしまいます。

また、認可施設なので性別の判定を受けることもできません。

予約次第では検査結果を聞くのが遅くなってしまうことも。

こういった方には昭和大学病院での検査はおすすめできません。

検査費用で選ぶならなら…ラジュボークリニック

昭和大学病院のNIPTについてまとめ

昭和大学病院のNIPTについてまとめました。

  • 専門知識の高い大学病院で安心して検査を受けることができる
  • 検査前に遺伝カウンセリングを受ける必要がある
  • 費用は少し高め
  • 結果通知は病院に聞きに行く
うさこ

安心で選ぶなら昭和大学病院だね!

りっこ

大学病院ならではの専門知識の高さに安心感があるね!

昭和大学病院は、 有名な国立病院で産婦人科専門医のため、高い専門知識のある医師に検査をしてもらうことができますので、万が一のことがあった場合でもアフターフォローが受けられて安心です。

費用が高かったり、性別の判定が受けられないなどという面もありますが、認可施設はどこも同じようになっています。

産婦人科専門医の高い知識を期待するのであれば昭和大学病院はおすすめです!

目次
閉じる