札幌医科大学附属病院のNIPTの口コミ評判

うさこ

札幌医科大学附属病院のNIPTの口コミを教えて

ひろみ

高度な医療や立地が魅力だよ♪

札幌医科大学附属病院は24時間の救急受け入れ体制が整っており、立地も交通手段の多い札幌市に位置しています。

しかし一方で、認可施設であるための年齢制限やホームページ上の情報が少ないといったデメリットも存在します。

目次

札幌医科大学附属病院のNIPTの総合評価

札幌医科大学附属病院の総合評価は次のとおりです!

評価項目星評価
検査精度
料金
検査条件
陽性フォロー
総合評価

北海道の施設を比較したい人は、【NIPT】北海道おすすめ比較|認可・無認可の新型出生前診断も合わせてチェックしてみてくださいね♪

札幌医科大学附属病院について詳しく見ていきましょう!

①:24時間の救急受け入れが可能

札幌医科大学附属病院はかかりつけで対応困難となった場合、24時間体制で救急搬送の受け入れをしてくれます。

かかりつけがクリニックの場合、いざという時に医療器具や人手が足りず対応できない可能性もあります。

そんな時にすぐに対応してくれる病院があるというのは心強いですね。

ひろみ

24時間対応は嬉しいですね♪

②:好立地

札幌医科大学附属病院はその名の通り札幌市に施設があります。

札幌市は交通の便もよく、通いやすさは良好といえます。

病院に通う移動という行為は、妊婦の負担にもなるのでありがたいですね。

ひろみ

札幌市民は通いやすい!

③:年齢制限がある

札幌医科大学附属病院は認可施設です。

認可施設の場合、34歳以下は検査を受けることができません。

しかし、妊娠する人の割合を考えると34歳以下の妊婦は多いと考えられます。

ひろみ

年齢制限なく検査をするならミネルバクリニックがおすすめ。

④:ホームページ上の情報が少ない

札幌医科大学附属病院は公式ホームページがあります。

予約受付の対応日や診察日、医師などの情報を知ることが可能です。

しかし一方でNIPT検査までの流れや費用など情報が分からない部分も多くあります。

ひろみ

ネットの情報が多いのはミネルバクリニック!

札幌医科大学附属病院の総合評価

札幌医科大学附属病院は24時間の母子の救急受け入れを行っており、高度な医療を受けることができます。

また、電車やバスといった交通手段の充実した札幌市内に位置していることも魅力の1つです。

一方で、認可施設であるための年齢制限などの検査が受けられる条件が厳しいといったデメリットもあります。

札幌医科大学附属病院の口コミと評判

札幌医科大学附属病院の口コミと評判をチェックしてみましょう!

札幌医科大学附属病院の良い口コミ

調査中。

札幌医科大学附属病院の悪い口コミ

調査中。

札幌医科大学附属病院の費用は?

札幌医科大学附属病院のNIPTの費用は次のとおりです。

検査項目税込金額
基本検査
(13,18,21トリソミー)
調査中

札幌医科大学附属病院の検査費用は、調査中です。

札幌医科大学附属病院の結果はいつ分かる?

札幌医科大学附属病院の検査結果は、調査中です。

札幌医科大学附属病院のアクセス

札幌医科大学附属病院のアクセスは次のとおりです。

住所アクセス
 札幌市中央区
南1条西16丁目
291番地 
札幌駅バスターミナル
7番乗り場乗車
医大病院前下車
(約10分)

他にも市電や地下鉄からのルートもあり、交通手段は豊富です。

札幌医科大学附属病院をおすすめする人

札幌医科大学附属病院をおすすめする人としない人をチェックしておきましょう!

札幌医科大学附属病院をおすすめする人

  • 市内在住の人
  • 沢山の交通手段を重視する人
  • 24時間の医療体制を求める人

札幌市内在住で検査とともに出産も考えている人には、交通手段も充実し、高度な医療を受けられる札幌医科大学附属病院はおすすめです。

札幌医科大学附属病院をおすすめしない人

  • 34歳以下の人
  • ネットで詳細な情報を知りたい人
  • 市外在住の人

札幌医科大学附属病院は認可施設のため34歳以下の人は検査が受けられません。

また、北海道は広大な土地のため札幌市外在住の人にはいくら交通手段が豊富でも通いが大変な人も、、、。

ミネルバクリニックなら…詳細な情報がネットで確認可能!

札幌医科大学附属病院のNIPTについてまとめ

札幌医科大学附属病院のNIPTについてまとめました。

  • 認可施設
  • 24時間の医療体制がある
  • 札幌市内在住の人には好立地
  • ネットの情報が少ない
うさこ

高い医療体制で選ぶなら札幌医科大学附属病院だね!

ひろみ

24時間の医療体制があるのは安心!

札幌医科大学附属病院は、 24時間の医療体制があり救急の際も受け入れがあります。

また、札幌市内に施設があり移動手段も豊富です。

一方で、認可施設であるがための年齢制限やネット上での検査の詳細が分からないといったデメリットもあります。

目次
閉じる