NIPTの無認可施設のデメリットは?リスクはあるの?

うさこ

NIPTの無認可施設にはデメリットがあるの?

ひろみ

無認可施設のデメリットとリスクを解説します!

NIPTの無認可施設は、年齢制限なしで検査を受けられるため多くの妊婦さんに利用されています。

だたし、検査前後のフォロー体制が整っていない、検体の管理体制が不透明などのリスクがある場合も…。

無認可の施設を選ぶ場合には、実績があって評判の良い施設を選ぶことが大切です。

目次

NIPTには認可と無認可がある

NIPTには認可と無認可があります。

それぞれの違いを見ていきましょう!

認可の施設は少なく年齢などの条件も多い

NIPT検査では、日本医学会と日本産科婦人科学会が出した指針をクリアした施設を認可施設としています。

この認可施設は誰でも利用出来るわけではありません。

下記のいずれかに該当した場合、NIPTを受けることができます。

  • 高年齢の人(出産時の年齢が35歳以上)
  • エコー検査で胎児に染色体異常の可能性を指摘された人
  • 母体血清マーカー検査で胎児に染色体異常の可能性を指摘された人
  • 過去に染色体異常のある子どもを妊娠、出産したことのある人
  • 両親のどちらか染色体異常がみられる人

しかし、実際は医師からの紹介状が必要となったり追加の条件があったりと、検査を受けること自体のハードルが高いです。

無認可は検査条件が少なく受けやすい

一方、無認可施設では年齢制限がないことから、35歳以下のお母さんも検査を受けることができます。

日本の出産平均年齢は約30歳前後のため、検査を受けたいと感じる年齢も35歳以下に多くあることが予想されます。

そのため検査を受けたくても受けられない35歳以下の妊婦にとって、年齢制限のない無認可施設はありがたい存在です。

また、医師からの予約や紹介状が不要のため、認可施設よりも時間の浪費が少なく、スムーズに検査を受けることができます。

加えて無認可施設は認可施設を比較しても施設数が多く、検査を受けたいと考えたとき周辺に無認可施設がある確率の方が高いです。

そのため無認可施設の方が利便性的にも検査も受けやすい環境にあるといえます。

NIPTの無認可のデメリット

無認可施設ではメリットばかりでなく、デメリットも存在します。

①:検査前後のフォローが整っていない場合がある

無認可施設のデメリットの一つが、検査前後のフォローが体制が整っていない場合があることです。

結果だけを知りたいという方にとっては、そこまでデメリットに感じないかもしれません。

しかし、多くの人は検査内容に関して十分に理解することが難しいと思います。

そのためネットや文献など独学で検査について調べる必要が発生し、独学の場合、偏った知識を持ってしまうリスクもあるため注意が必要です。

認可施設では、専門医師や遺伝カウンセラーの在籍が認可条件となっています。

そのため検査内容についての知識を得ることができ、知識を得た上で検査を受けるかどうか決めることもできます。

また、検査後の不安などにも対応してくれるため、メンタルサポートも充実しています。

②:検体の管理体制が不透明な場合がある

検査精度に認可施設と差異がない一方で、無認可施設は検体を海外に送って検査をしている施設が多いです。

そのため検体の管理体制が不透明にあるというデメリットがあります。

NIPTの無認可は実績のある施設が安心

無認可施設には、前述したデメリットが全ての施設に該当しているわけではありません。

中には専門医師やカウンセラーを在籍させ検査前後のカウンセリングを実施している施設もあります。

とくに実績のある施設であれば検査経験も豊富のため、検査後のニーズを把握したカウンセリングをすることが出来ます。 

また、検査は保険適応外のため全額自己負担となってしまいます。

しかし、施設によっては互助会制度を設けたりと検査を受けやすく出来るよう配慮している施設もあります。

NIPTの無認可のおすすめ施設

NIPTの無認可のおすすめ施設は次の3つです。

①:平石クリニック

  • 全国に30ヶ所で検査が受けられる
  • 実績があり口コミ評価も高い
  • 陽性時のサポートが手厚い

平石クリニックは、NIPT検査を全国各地で実施している人気のクリニックです。

2019~2021年までの顧客満足度は毎年95%を超えていて、検査精度が高く、検査後のフォローも手厚いのがポイントです。

総合的にみて実績と安心感を重視したい人は、平石クリニックを選んでいます。

平石クリニックについては、平石クリニックのNIPTの口コミ評判|精度と安心感は良い?で詳しく解説しています。

②:ミネルバクリニック

  • 的中率が高いスーパーNIPT検査が受けられる
  • オンライン診断で全国どこからでもOK
  • 陽性時のフォロー体制が万全

ミネルバクリニックは、スーパーNIPTと呼ばれる正確性の高いNIPT検査を実施しているクリニックです。

また、陽性時のフォロー体制が万全で、羊水検査の費用の大半を負担してもらえるだけでなく、院長の携帯電話へ24時間いつでも連絡ができます。

オンライン診断で全国どこからでもOKなので、近くにNIPT検査施設がない人でも安心ですよ!

ミネルバクリニックについては、ミネルバクリニックのNIPTの口コミ評判|最新検査と結果対応が高評価で詳しく解説しています。

③:青山ラジュボークリニック

  • 日本で一番安くNIPT検査が受けられる
  • 認定施設と同様の検査が受けられる
  • 陽性時のフォロー体制がある

青山ラジュボークリニックは、日本国内で一番の安い88,000円からをNIPT検査を受けることができます。

低価格で認定施設と同様の検査が受けられるので、年齢などの条件によって認定施設の検査が受けられない人にぴったりです。

また、遺伝カウンセラーへの無料相談もできるので、不安な気持ちになったときでも頼もしいですね。

青山ラジュボークリニックについては、青山ラジュボークリニックのNIPTの口コミ評判|ダウン症の検査会社と方法は?で詳しく解説しています。

NIPTの無認可のデメリットについてまとめ

NIPT検査は結果によってご家族や胎児の一生に大きく影響します。

無認可施設では認可施設より検査条件が少ない一方で、施設によって検査後のフォローにばらつきがあります。

中には検査結果を郵送通知のみで知らせるという病院も存在します。

しかし、逆に専門医師が在住していたり遺伝カウンセラーを在籍している病院や、オンライン対応で来院しなくてもカウンセリングを受けることが出来る施設もあります。

検査を受ける病院を探す際には、認可か無認可かを考えると同時に、検査後のフォロー体制やどんなメリットがあるのかを確認しておくことをオススメします。

目次
閉じる